2011年11月15日

レコロは野外撮影に最適


レコロには野外での定点撮影には欠かせない機能
が搭載されています。

先ずは乾電池で撮影でき、長期間の撮影も可能で
あることです。

その撮影枚数ですが、単3形アルカリ電池2本で3秒
のインターバルなら約2,000枚、24時間のインター
バルなら約365枚撮影することがかのうなのです。

単純計算で1年間の撮影が可能ということですね。

また野外での撮影では雨などで水に濡れてしまう
ことが心配ですよね。

レコロは防雨設計となっているので、安心です。




レコロのご購入はこちらをCLICK!!




タグ:レコロ
posted by レコロ at 21:18| キングジムのレコロの機能概要

2011年11月13日

レコロはシャッターひとつで撮影開始


レコロはシャッターひつで撮影が始まり、
撮影を終了する時はシャッターを押すだけなのです。

撮影した画像が動画となってSDカードに保存されます。

SDカードに保存されたデータはカードリーダー
などを使ってパソコンに読み込めます。

もう動画ファイルとして保存されているので
そのままパソコンで普通に動画をみるように
再生できます。

動画として保存されているので面倒な編集作業
も一切必要ありません。

9,999枚画像を撮影した場合、ファイルのサイズは
約750MBとなります。




レコロのご購入はこちらをCLICK!!




タグ:レコロ
posted by レコロ at 22:34| キングジムのレコロの機能概要

2011年11月11日

レコロの簡単な設定


レコロを使って撮影の前にいくつか設定すること
があります。

まずはインターバル時間の設定です。3秒から24時間
の間で設定が可能です。

インターバル撮影にとって一番大切な設定ですね。
撮影対象に合わせて設定して下さい。

その次は再生速度なのですが、なぜ設定が必要かと
いうとレコロを画像を動画として保存するので、
撮影前に設定しておく必要があるのです。

毎秒1枚から24枚まで設定することができます。
撮影後の動画の動きを想像して設定してください。

そして画質です、というよりエフェクトに近いです
ノーマルとビビット、モノクロの3つから選択する
ことができます。




レコロのご購入はこちらをCLICK!!




タグ:レコロ
posted by レコロ at 21:30| キングジムのレコロの機能概要

2011年11月10日

レコロの用途はアイデア次第


キングジムのレコロはアイデア次第で様々な用途で
使用することができます。

時間を短縮して再生することがインターバル撮影の
最大の特徴です。

何日にも渡って空を定点撮影すれば、ゆっくり流れて
いく雲や夕焼けが迫力の動画として撮影できます。

通常の時間軸では動いて見えない植物を撮影すれば
神秘の動画になるでしょう。

建築中の建物や、町の変化などいくらでも撮影の対象
はありそうですね。

インターバル動画の独特の雰囲気を生かしたアート
作品だって作成できそうです。




レコロのご購入はこちらをCLICK!!




タグ:レコロ
posted by レコロ at 22:00| キングジムのレコロの機能概要